Menu

高くカメラを買取ってもらうなら寿命を知っておくことが大切

0 Comments

一眼レフカメラはここ数年で色々なタイプが発売されており、価格もリーズナブルなものから高価なものまで様々です。そんな種類の多い一眼レフカメラですが、何度も使い続ければ寿命が来てしまうこともあり、買い替えについて考えなければなりません。買い替えを検討する時は買取のことも考えた方がいいですが、できる限り買い替えのタイミングで高く売るためには完全に壊れる前の買い替えがベストです。完全に壊れる前に買い替えるためにもここではカメラの寿命について説明します。

まず、一般的にカメラの寿命と言われる年数は5年から6年程度です。なぜ5年から6年かというと、機種やメーカーによって異なる点はありますが、一般的には5年を過ぎると不具合が発生しやすくなり、修理などをしない限りは劣化が進んでいくだけとなります。その為、5年から6年で買い替えを検討した方がいいでしょう。

しかし、あくまでも目安の寿命でなかには5年以上使える場合もあります。では、具体的にどんなことが寿命を縮めてしまう原因なのかについても紹介します。まず、使用環境や使用頻度により寿命は異なります。一見たくさん使用した方が壊れるのも早いのではないかと思いますが、実は放置している期間が長い方がバッテリーなどの寿命が縮まると言われています。その為使わないと思ったら故障する前に買取に出して買い替えを検討した方がいいと言われています。

このように寿命を知ることが重要ですが、このサイトでは買い替えをした方が良いカメラの症状について紹介します。