Menu

バッテリーの接触不良は重症?

0 Comments

カメラは様々な部品が組み立てられて作られているため、部品の故障が進むことで劣化が始まります。不具合として上げられることは色々ありますが、その中でもバッテリーの接触不良は不具合としては多い内容になるので、ここではバッテリーの接触不良について紹介します。

まず、バッテリーは劣化しやすいかどうかというと、劣化しやすい部品です。基本的にバッテリーが壊れるとカメラの寿命とも言われています。具体的にどんな劣化かというと、バッテリーの電極部分の接触が悪くなり、電源が入らないという致命的な故障に繋がります。

しかし、バッテリーはいきなり壊れるということは少ないです。例えば充電に時間がかかったり、消費が早いと思ったらバッテリーが劣化しているサインとなり、故障する可能性があります。このように、劣化のサインが出ることがあるので、日頃から確認しながら使うことが重要です。

バッテリーは完全に故障して使えなくなる前にはできる限り買い替えをした方がいいと言われています。なぜ買い替えをした方がいいのかというと、故障をしていない場合はまだ買取ってもらえる可能性が高いからです。買取ってもらえれば現金化にすることもできるので、バッテリーが故障する前には買い替えを検討した方がいいかもしれません。